サクセス・ハッピーロード・自己啓発専科

日常生活やビジネスにおける処世術やヒント等を通して幸せ体質になることを目指している自己啓発・開運ブログです。

スポンサーリンク

6月12日は松井 秀喜さんの誕生日です。「努力は才能」と「好きなものと出合って好きでい続けること」

 松井さんのお父さんはたまたまテレビを見ていて「努力は才能」という言葉を聞いていい言葉だなぁと思い、

 

半紙に、「努力できることが才能である」と書いて、当時小学校3年生だった松井秀樹さんに渡しました。

 

秀樹さんの机の上にはずっとその半紙が貼ってあったそうです。


 更に松井さんの言葉に「好きなものと出合って好きでい続けること」というのがあります。

 

好きでい続ければ、この先いくらでもチャンスはある。

 

好きなものを好きでい続ければ、いつか才能は芽吹く。


そしてその言葉と文字通り向き合って来たのです。

 

 最後に好きでい続けるための秘訣をお伝えいたしましょう。

 

それは「誰かに喜ばれることです。」

 

喜ばれるとうれしい。これは他の動物にはない、人間だけが持つ本能だそうですから。

喜ばれれば喜ばれるほど人はそれを好きになります。

 

 

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

 

 以上は ひすいこたろう+藤沢あゆみ著「ザ★バースデー365の物語」より一部抜粋

 

松井 秀喜プロフィール

松井 秀喜(まつい ひでき、1974年6月12日 - )は、石川県能美市出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。現役引退後はニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーを務める。血液型はO型。
1990年代から2000年代の球界を代表する長距離打者で、日本プロ野球(以下:NPB)では読売ジャイアンツメジャーリーグベースボール(以下:MLB)ではニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した。2012年引退。2013年には国民栄誉賞を受賞。愛称は「ゴジラ」。

高校3年、夏の甲子園は2回戦の明徳義塾高校戦で敗退。この試合で松井が受けた5打席連続敬遠は、高野連が急遽記者会見を開くなど、社会問題にまで発展した。明徳義塾監督の馬淵史郎は試合後、「(星稜の練習を見て)高校生の中に一人だけプロの選手が混じっていた」とコメントしている。

 

☆彡力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。

Continuous effort – not strength or intelligence – is the key to unlocking our potential.
ウィンストン・チャーチル(英国の政治家、ノーベル文学賞受賞 / 1874~1965)

スポンサーリンク