サクセス・ハッピーロード・自己啓発専科

日常生活やビジネスにおける処世術やヒント等を通して幸せ体質になることを目指している自己啓発・開運ブログです。

スポンサーリンク

「私は身体に宝石を持っている」6月13日は山田邦子さんの誕生日です。

 山田邦子さんは2007年4月乳がんが発覚。

 

山田邦子さんは乳がんの経験を「財産」だといいます。

 

死んでしまうかもと思っていた彼女はファンの人や乳がんになってからできた患者仲間からも手紙をもらい、とても支えになったそうです。

 

明るいキャラクターの山田邦子さんにもアクシデントは起こる。

 

 でもね♪~ 大丈夫! 

アクシデントはいつも新しい出会いをセットにしてくれるんです。

 

がんは山田邦子さんにまだ見ぬファンに会わせてくれました。

 

癌になったことでこれまでとは違った人と共感を持ち、山田邦子さんはまた違った人生観を持つことができたのです。

 

「ちゃんと寝てる? 体に爆弾を抱えてるから、大切にしなさいよ」と家族は時々電話をくれます。

 

爆弾…身体に病気を乗り越えた記憶があることは、今が当たり前じゃないことを思い出させてくれる。

 

私は今度から「身体に宝石を持っている」と言おうと思います。

 

 

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

 

 

以上は ひすいこたろう+藤沢あゆみ著「ザ★バースデー365の物語」より一部抜粋


山田邦子プロフィール
山田 邦子(やまだ くにこ、1960年〈昭和35年〉6月13日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、司会者、小説家である。戸籍名、後藤 邦子(ごとう くにこ)。旧姓、山田。愛称は邦ちゃん。太田プロダクション所属。

 

乳がん発覚後
2007年4月、『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 スペシャル』(ABCテレビ)にゲスト出演。同番組内での乳癌自己検診の際、胸に違和感を覚え、その後正式に乳癌が左右の胸にあることが発覚する。聖路加国際病院の乳腺外科(ブレストセンター)にて2回の手術を経て癌を全て摘出した。

同年6月、『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』レギュラー放送に出演し、乳がん摘出手術を済ませたことを告白。

この乳癌罹患をきっかけにして、タレント活動の傍ら、がんに関わる啓蒙活動に積極的に参加するようになり、2008年4月には癌に対する知識と理解を呼びかけるチャリティー団体「スター混声合唱団」を鳥越俊太郎らと結成。

2008年から2010年まで厚生労働省「がんに関する普及啓発懇談会」委員を務める。2009年、NPO法人「リボン運動 がんの薬を普及する会」を結成し、代表理事に就任。同年3月にはNPO法人「キャンサーリボンズ」のシンボルソング『あなたが大切だから』を作詞・作曲した。

 

山田邦子の日
9(く)・2(に)・5(こ)=「邦子」と読む語呂合わせから、2015年9月25日、一般社団法人日本記念日協会は9月25日を「山田邦子の日」と認定した。
9月25日を記念日として申請したのは山田と親交がある丸藤正道の後援会長で、ピンクリボン乳がん検診啓発運動)のチャリティーイベントとしての役割も担っている

 

出身地  日本・東京都板橋区
血液型 B型
身長 168cm
最終学歴 川村短期大学家政科(現:生活学科)
芸風 漫談 物真似 コント

配偶者 後藤史郎(2000年 - )

受賞歴
1982年 第10回 日本放送演芸大賞 ホープ
1983年 第11回 日本放送演芸大賞 ホープ
1983年 第3回 花王名人大賞 新人賞
1984年 第12回 日本放送演芸大賞 ホープ
1985年 第13回 日本放送演芸大賞 敢闘賞
1989年 平成元年度 ゆうもあ大賞 大賞
1990年 第27回 ゴールデン・アロー賞 芸能賞
1990年 第13回 日本アカデミー賞 新人俳優賞
1992年 日本女性放送者懇談会賞
2010年 日本釣用品工業会選定 ロイヤルアングラー賞 芸能部門

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク