サクセス・ハッピーロード・自己啓発専科

日常生活やビジネスにおける処世術やヒント等を通して幸せ体質になることを目指している自己啓発・開運ブログです。

スポンサーリンク

「人生はあなたが描いたとおりになる」マーフィーの言葉より 求めよさらば与えられん。マタイ伝7-7

マーフィーの言葉に「人生はあなたが描いたとおりになる」というのがあります。

 

人間の心には「潜在意識」というものがあります。

 

 具体的な目標を持つだけで「潜在意識」が活発に働き始めるのです。

 

あなたの中にある「無限の力」が目覚め、解き放たれるのです。

あなたの目標が

「3年以内に試験に合格する」「次のテストでは80点以上取る」という風に具体的であればあるほど達成する可能性は大幅に上がります。

 

「あなたの願望を心に描いたらそれは実現する」これはウォルトディズニーの言葉です。

 

ウォルトディズニーには大した学歴はありません。

枯葉15歳から列車の売り子や、郵便配達、など様々な職を転々としていました。

 

ウォルトディズニーが世界的な成功者になれた最大の原因は「大きな夢を心に描いた」からです。

 

私たちは人生で怒る出来事に対して、大別すると二通りのとらえ方をします。

 

①希望をもって楽天的にとらえる。

 

②絶望して悲観的にとらえる。

 

夢や希望を心に描いた方がはるかに充実した人生になることは間違いありません。

 

 一方ゲーテは「どんなことでも、絶望よりは希望を持つ方がはるかに良い」と言っています。

 

ウォルトディズニーゲーテもストレートな表現ですが成功への秘訣はまさにここにあるのです。

 

あなたの心のキャンパスには明るく、清らかで誰もが見たくなるような楽しい絵を描くようにしましょう。

 

そして、それを実現すべく、具体的な目標を作りましょう!

 

そうすれば、あなたの中に眠っている「無限の力」が目覚めるはずです。

 

求めよさらば与えられん。マタイ伝7-7

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 

《愛蔵版》図解 マーフィー奇跡の成功ノート

《愛蔵版》図解 マーフィー奇跡の成功ノート

 

 以上は 植西聡著「マーフィー奇跡の成功ノート」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

仕事ができる人とは? 堀場 雅夫〔1924年(大正13年)12月1日 - 2015年(平成27年)7月14日〕命日に因んで

仕事ができる人とは?

 

☆彡結論を出すのが早い人(即断即決)

 

ビジネスの要諦は「見切り」にある。

 

見切りとはこれまでつぎ込んできた資金や時間や努力、あるいは手にするであろう利益の一切を捨てることだ。

 

継続することに危惧を感じたならば迷わず見切ること。これが会社も社員も伸びるコツなのである。

 

 例えば以前、わが社でこんなことがあった。

 

技術陣が医療機器メーカーと共同で赤外線センサーを使った鼓膜体温計を開発した。

 

鼓膜は能な近いため、正確な体温を測ることができる。画期的な新製品だ。これは売れた。

 

 堀場製作所の独占技術ということもあって儲かった。ところがその後この分野に、ブラウンや松下電工等いろんな企業が参入してきた。

 

精度の高さから鼓膜体温計が主流になった。

 

 さて、堀場製作所としてはこれらの他企業の参入をどう迎え撃つか。

 

社内で論議した結果、社長の下した結論は「撤退」であった。先発メーカーとして、技術には自信があり、かつ売れている製品を「見切った」野である。

 

何故か?

 

需要と価格は反比例の関係にあるからだ。鼓膜体温計が普及すれば、それにつれて価格は当然下がってくる。

 

電卓がそのいい例だ。価格勝負になれば、量産ノウハウと設備を持つメーカーが勝つのは自明の理。

 

ベンチャー企業である堀場製作所が、量産による価格合戦で大手のメーカーと勝負するのは得策ではない。そう判断したからだ。

 

社内の意見としては、今すぐ撤退しなくても、売れているのだから、もう少し稼いでからにすべきだという声もあった。

 

だが社長に言わせれば儲かっている今だからこそ敢て撤退すべきなのだ。

 

これが見切りなのである。

 

バブル期に多くの企業が"土地ころがし"で濡れ手に粟の大儲けをしたが、見切ることができず、結局バブル崩壊で倒産した。

 

会社も社員も、根拠のない「あともう少し」という欲が墓穴を掘ることになる。

 

 

仕事ができる人できない人

仕事ができる人できない人

 

 


以上は 堀場 雅夫著 「仕事ができる人できない人」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

★堀場 雅夫のプロフィール
堀場 雅夫(ほりば まさお、1924年大正13年)12月1日 - 2015年(平成27年)7月14日)は日本の実業家、株式会社堀場製作所創業者、及び同社最高顧問。

1924年京都帝国大学理学部教授の堀場信吉の長男として京都市に生まれる。旧制甲南高等学校(現:甲南大学)を経て、1946年(昭和21年)京都帝国大学理学部物理学専攻卒。学生ベンチャーの草分け的存在とされる。
1978年、53歳で代表取締役社長を辞し、代表取締役会長職に退く。
堀場は「人生の能力・知力・経験・体力は全部を掛け合わせて40代がピークであり、50代になるとそれが落ちてきてしまう。そこで50歳になったら経営者を退き、後継者(現役)は40代がいい」と、「社長50歳定年制の実行」を1971年の大阪証券取引所・京都証券取引所への上場が実現した際に宣言する。

そして目標の50歳から3年が経過した1978年に堀場は創立25年記念式典で正式に引退を表明。「ワンマン社長の首を斬るのは自らしかない。この機会をとらえてかねてからの考えを実行した」と、引退について述べている

引退後は財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)の最高顧問、日本新事業支援機関協議会(JANBO)会長、京都商工会議所の副会頭、京都市ベンチャー企業目利き委員会の委員長、株式会社京都ニュートロニクス監査役などを務め起業家の育成に力を注いでいた。

堀場製作所会長兼社長の堀場厚は長男。
2015年7月14日、肝細胞がんのため死去。90歳没。

著書
主な著書(共著含む)に「仕事ができる人できない人」「おもしろおかしく生きろ!」「もっとわがままになれ!」「やるだけやってみろ!」「出る杭になれ! 「いい人」やめれば仕事ができる」「堀場雅夫の経営心得帖」「堀場雅夫の社長学」「元気だせ日本人 堀場雅夫と21人のベンチャ-」「人の話なんか聞くな! 少しの勇気でもっと自分を活かせる!」「問題は経営者だ!」「今すぐやる人が成功する!」「「好き」にまかせろ! 子どもを幸せにする教育論」「イヤならやめろ! 社員と会社の新しい関係」「ベンチャ-魂 日本経済よ、甦れ」「その他大勢から抜け出す仕事術」「「100人に1人の人材」になる法 仕事ができる人できない人」「「仕事ができる人」のビジネス心得帖」などがある。

堀場雅夫の名言集
もっと利己主義でいいというか、自分を大切にせないかんと思います。
人生80年のうちの最も貴重な40年間を使う仕事が、
「おもしろおかしく」なくて、何のために生きるのか。
自分の経験で言うと、おもしろいと思ってやった仕事はほとんど成功している。
逆に、これはやらんとしょうがないな、というのはうまくいかない。
おもしろい仕事をするか、おもしろく仕事をするか。
その2つしか成功の道はない。

 

 

イヤならやめろ!ただ本当にイヤだと思うほどやってみたか?

 

評論家はいらないのです。反対意見は大いに結構、しかし必ず代案をだしなさい。

 

出る杭は打たれるが、出すぎた杭は誰も打てない。

出ない杭、出ようとしない杭は、居心地はよいが、そのうちに腐る。

 

ベンチャーを興す条件としては、その仕事が好きで好きでたまらないということ。
寝ても覚めても私はこれが無くなれば死んでしまうというくらい好きなことでなかったら、たぶん失敗する。

 

限られた時間の中で、ある一定の成果を出すには、「人のフンドシ」で相撲をとることだ。

 

仕事がイヤだ、会社がイヤだと文句を言うのなら、
辞めてしまえばいい。

ただし、辞める前に本気で仕事に取り組むこと。
本気でやったことのないまま辞めるのは、単に逃げているだけだ。

 

(起業家の条件について)
何よりも大事なのが、起業家の人間性

 

チャラチャラした人、お金儲けが目的の人は絶対にうまくいきません。
もし一時的にうまくいったとしても、社会がそれを許さないでしょう。

 

金儲けを目的にした企業は、いずれ潰れます。

 

人生は一度きりです。だから、自分のやりたいことをしてください。
あなたはもしかすると、明日死ぬかもしれません。
だから、今この瞬間を楽しく生きてください。
つまらない瞬間を積み重ねても、つまらない人生しか送れません。
そのことを私は逆説的に「イヤならやめろ!」と言っているわけです。
イヤなことを頑張って続けても、なかなかうまくいかないはずです。
自分が好きなこと、おもろいと思うことをやらんと成功しません。
私は84年間生きてきましたが、イヤイヤ仕事をしながら成功した人を
未だかつて見たことがない。
失敗している人は、おもろいことが見つかっていない人です。
もしくは見つかっていても、それをやっていない人です。
みなさんも、常にチャレンジして、人生を満喫してください。

 

ニッチな市場を攻め、その分野でNo1になる。これを徹底してやってきた。
大企業は投資効率が低いので参入してこない。
だから、私たちのようなベンチャーでもNo1になれる。

 

おもしろい思えることなら、みんな情熱をもって働く。
ただ高い給料をあげたって、仕事が毎日楽しくなかったら
良い仕事はできないし、新しいアイデアも出ない。


いちどフルスロットルで走ってみたらいい。
日本人は自己の実力を過小評価しがち。
「どうせできない」という意識がリミッターになっている。
それを外して、フルスロットルを踏んでみればいいんです。
自分が想像していた以上のスピードが出ますよ。

 

まず自分が「おもしろい」と思えることを見つける。
そしてその分野で一流になるためにフルスロットルで走る。
そうすれば、世界の舞台で戦える。

スポンサーリンク  

 

人生計画は5つの視点で勝利のシュミレーションを!

「人生計画は5つの視点で勝利のシュミレーションを」

 

一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法。

 

人生の勝者になる為には、「人生計画」の中で自分が有利に戦える方法を考えることが重要である。

 

「道・天・地・将・法」の五つの視点で勝利のシュミレーションを描くべし。

 

➀道とは、具体的目標設定。「このような人間になる」


10年20年30年後の自分をリアルにイメージすること。これができると、思いと行動が一つになります。

 

仕事も勉強も遊びも日々の暮らしもすべての行動が同じ目標を達成するためのものになっていく。


➁天とはミートさせるべき時代性です。「時代を味方につける」

 

例えば「20○○年には今務めている会社の社長になる」と決めて、

その時はどんな時代で追い風はどのようなもので、

 

それをどのように活用するかなど、

 

時代の要請にこたえるための計画を練る。

 

➂地は自分が活躍するフィールドです。「オンリーワンの領域」

 

➃将は必要能力です。「このような力を身につける」


➄法は己に勝つことです。「絶対にやり通す。」

 

 

 

 以上は 田口佳史著 「孫子の兵法」より一部抜粋

 

☆彡6月14日 今日の一言 サービスできる範囲で商売を 松下幸之助

どんないい商品があっても、サービスがそれに伴わなかったら、これはお客様にほんとうに満足していただけないと思います。

むしろ、サービスに欠けるところがあったならば、お客様の不満を招き、かえって商品自体の信用を落とすことにもなりかねません。

だからサービスとは、ある意味では製造なり販売に優先するほどのものだとも考えられます。
サービスというものは、どんな商売にもつきものであり、したがっていかなる場合でも、完全なサービスのできる範囲で商売をしていくことが大切だと言えます。

そういう経営の姿勢からこそ、堅実な商売の発展がもたらされてくると思うのです。

 

松下幸之助「一日一話」―仕事の知恵・人生の知恵 (PHP文庫)

松下幸之助「一日一話」―仕事の知恵・人生の知恵 (PHP文庫)

 

 以上は 松下幸之助著 一日一話より一部抜粋

 

スポンサーリンク  

 

「私は身体に宝石を持っている」6月13日は山田邦子さんの誕生日です。

 山田邦子さんは2007年4月乳がんが発覚。

 

山田邦子さんは乳がんの経験を「財産」だといいます。

 

死んでしまうかもと思っていた彼女はファンの人や乳がんになってからできた患者仲間からも手紙をもらい、とても支えになったそうです。

 

明るいキャラクターの山田邦子さんにもアクシデントは起こる。

 

 でもね♪~ 大丈夫! 

アクシデントはいつも新しい出会いをセットにしてくれるんです。

 

がんは山田邦子さんにまだ見ぬファンに会わせてくれました。

 

癌になったことでこれまでとは違った人と共感を持ち、山田邦子さんはまた違った人生観を持つことができたのです。

 

「ちゃんと寝てる? 体に爆弾を抱えてるから、大切にしなさいよ」と家族は時々電話をくれます。

 

爆弾…身体に病気を乗り越えた記憶があることは、今が当たり前じゃないことを思い出させてくれる。

 

私は今度から「身体に宝石を持っている」と言おうと思います。

 

 

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

 

 

以上は ひすいこたろう+藤沢あゆみ著「ザ★バースデー365の物語」より一部抜粋


山田邦子プロフィール
山田 邦子(やまだ くにこ、1960年〈昭和35年〉6月13日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、司会者、小説家である。戸籍名、後藤 邦子(ごとう くにこ)。旧姓、山田。愛称は邦ちゃん。太田プロダクション所属。

 

乳がん発覚後
2007年4月、『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 スペシャル』(ABCテレビ)にゲスト出演。同番組内での乳癌自己検診の際、胸に違和感を覚え、その後正式に乳癌が左右の胸にあることが発覚する。聖路加国際病院の乳腺外科(ブレストセンター)にて2回の手術を経て癌を全て摘出した。

同年6月、『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』レギュラー放送に出演し、乳がん摘出手術を済ませたことを告白。

この乳癌罹患をきっかけにして、タレント活動の傍ら、がんに関わる啓蒙活動に積極的に参加するようになり、2008年4月には癌に対する知識と理解を呼びかけるチャリティー団体「スター混声合唱団」を鳥越俊太郎らと結成。

2008年から2010年まで厚生労働省「がんに関する普及啓発懇談会」委員を務める。2009年、NPO法人「リボン運動 がんの薬を普及する会」を結成し、代表理事に就任。同年3月にはNPO法人「キャンサーリボンズ」のシンボルソング『あなたが大切だから』を作詞・作曲した。

 

山田邦子の日
9(く)・2(に)・5(こ)=「邦子」と読む語呂合わせから、2015年9月25日、一般社団法人日本記念日協会は9月25日を「山田邦子の日」と認定した。
9月25日を記念日として申請したのは山田と親交がある丸藤正道の後援会長で、ピンクリボン乳がん検診啓発運動)のチャリティーイベントとしての役割も担っている

 

出身地  日本・東京都板橋区
血液型 B型
身長 168cm
最終学歴 川村短期大学家政科(現:生活学科)
芸風 漫談 物真似 コント

配偶者 後藤史郎(2000年 - )

受賞歴
1982年 第10回 日本放送演芸大賞 ホープ
1983年 第11回 日本放送演芸大賞 ホープ
1983年 第3回 花王名人大賞 新人賞
1984年 第12回 日本放送演芸大賞 ホープ
1985年 第13回 日本放送演芸大賞 敢闘賞
1989年 平成元年度 ゆうもあ大賞 大賞
1990年 第27回 ゴールデン・アロー賞 芸能賞
1990年 第13回 日本アカデミー賞 新人俳優賞
1992年 日本女性放送者懇談会賞
2010年 日本釣用品工業会選定 ロイヤルアングラー賞 芸能部門

スポンサーリンク  

 

6月12日は松井 秀喜さんの誕生日です。「努力は才能」と「好きなものと出合って好きでい続けること」

 松井さんのお父さんはたまたまテレビを見ていて「努力は才能」という言葉を聞いていい言葉だなぁと思い、

 

半紙に、「努力できることが才能である」と書いて、当時小学校3年生だった松井秀樹さんに渡しました。

 

秀樹さんの机の上にはずっとその半紙が貼ってあったそうです。


 更に松井さんの言葉に「好きなものと出合って好きでい続けること」というのがあります。

 

好きでい続ければ、この先いくらでもチャンスはある。

 

好きなものを好きでい続ければ、いつか才能は芽吹く。


そしてその言葉と文字通り向き合って来たのです。

 

 最後に好きでい続けるための秘訣をお伝えいたしましょう。

 

それは「誰かに喜ばれることです。」

 

喜ばれるとうれしい。これは他の動物にはない、人間だけが持つ本能だそうですから。

喜ばれれば喜ばれるほど人はそれを好きになります。

 

 

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

 

 以上は ひすいこたろう+藤沢あゆみ著「ザ★バースデー365の物語」より一部抜粋

 

松井 秀喜プロフィール

松井 秀喜(まつい ひでき、1974年6月12日 - )は、石川県能美市出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。現役引退後はニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーを務める。血液型はO型。
1990年代から2000年代の球界を代表する長距離打者で、日本プロ野球(以下:NPB)では読売ジャイアンツメジャーリーグベースボール(以下:MLB)ではニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した。2012年引退。2013年には国民栄誉賞を受賞。愛称は「ゴジラ」。

高校3年、夏の甲子園は2回戦の明徳義塾高校戦で敗退。この試合で松井が受けた5打席連続敬遠は、高野連が急遽記者会見を開くなど、社会問題にまで発展した。明徳義塾監督の馬淵史郎は試合後、「(星稜の練習を見て)高校生の中に一人だけプロの選手が混じっていた」とコメントしている。

 

☆彡力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。

Continuous effort – not strength or intelligence – is the key to unlocking our potential.
ウィンストン・チャーチル(英国の政治家、ノーベル文学賞受賞 / 1874~1965)

6月11日はライバルに感謝する記念日!?

 プロ4年目の江夏豊は1970年、6月11日の対ジャイアンツ戦に、「節目の三振は王から」と、中1日で先発登板。このとき、積み上げた記録は994奪三振。快挙達成は、目前に迫っていた。

 

「オレがオレであることを確かめたかった」と江夏は語っていた。

 

「村山さんは長嶋さんに向かう時ロマンチストになった。それなら自分は王さんに対してプライドを武器にしよう」と思ったと語っていた。

 

「敬意と感謝を持って打ちのめす」ということではなかろうか。

 

 はたして王には2本の本塁打を被弾。第1打席でライトスタンド、第2打席でも右中間スタンドに打球を放り込まれた。さらに第3打席でもヒットを許し、第4打席ではセカンドゴロに打ち取ったものの、王での快挙達成とはいかなかった。

 

この日、王貞治は2ホーマーを放ち、江夏豊を粉砕しました。

 

自分の全存在をかけて勝負したいと思える相手がいる人は幸せです。

 

あいつには負けたくないと思って努力する時間、それはとても贅沢な時間です。なぜならその時あなたは劇的に進化しているからです。

 

「強敵」と書いて「友(とも)」と読むのもいいですね。《漫画「北斗の拳」より》

 

 

 

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>

 

 以上は ひすいこたろう+藤沢あゆみ著「ザ★バースデー365の物語」より一部抜粋

 

因みに1000奪三振は1970年7月2日、対大洋ホエールズ12回戦(川崎球場)、7回裏に重松省三から奪った。 ※史上38人目


★江夏 豊(えなつ ゆたか、1948年5月15日 - )は、兵庫県尼崎市出身(奈良県吉野郡生まれ)の元プロ野球選手(投手)、解説者・評論家。
日本記録であるシーズン401奪三振、最優秀救援投手5回などを記録。オールスター9連続奪三振江夏の21球を演出し、1960年代後半から1980年代前半にかけて日本プロ野球で活躍。

 

★王 貞治(おう さだはる、1940年5月20日 - )は、東京府東京市本所区生まれ、プロ野球選手・監督。福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長兼GM日本プロ野球名球会顧問。
世界記録となるレギュラーシーズン通算本塁打868本を記録し、巨人のV9に貢献。国民栄誉賞受賞者第一号であり、2010年には文化功労者として顕彰された。2018年6月1日、一般女性との入籍を発表

◆経歴
●選手歴
早稲田実業学校高等部
読売ジャイアンツ (1959 - 1980)

●監督・コーチ歴
読売ジャイアンツ (1976 - 1988)
福岡ダイエーホークス
福岡ソフトバンクホークス (1995 - 2008)

スポンサーリンク  

 

人生計画は悲観的に準備して、楽観的に行動せよ 孫子の兵法に学ぶ

孫子の兵法に「将、わが計を聴きて、これを用うれば、必ずかたん」というのがあります。

 

超意訳すると、『時間をじっくりかけて「人生計画」を練りなさい。

 

特にリスクに関してはどんな危険が起こりうるか、どこまでも、悲観的に考えて入念に準備すること。そこまでやればもう目標は達成したも同然である。』

 

せっかちな現代人は「人生計画」にかける時間を「もったいない」と思うかもしれません。

 

しかし、昔から言いますよね、「急がば回れ」と。

 

ここで時間をかけたほうが結局は目標の一番の早道になるのです。

 

 その際に心掛けることは「悲観的に」準備することです。

 

たいていの人は「こんなことは起こらないよね」と「楽観的」に準備するために、不測の事態が乗じたときに、なすすべもなく、転落への道をたどることになります。

 

 そうではなくて、「悲観的」に準備する。これさえやっておけば何が起ころうと大丈夫。

それもこれも「想定内」だよと落ち着いて対応できます。

結果的に、「自分は勝つ」という自信が内側からにじみ出てくるわけです。


「備えあれば憂・患いなし」です。

 

 

 

以上は 田口佳史著 「孫子の兵法」より一部抜粋&加筆


稲森和夫氏はさらに進化しています。


◆夢と希望は超楽観的に、悲観的に構想を練り、楽観的に明るく堂々と実行せよ!


新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

 

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

 

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

★稲盛 和夫(いなもり かずお、1932年(昭和7年)1月21日 - )は、日本の実業家。京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。公益財団法人稲盛財団理事長。日本航空名誉会長。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク